アフラックのガン保険ってどんなもの?

アフラックガン保険には、
アフラックのガン保険f(フォルテ)+特約21というプランがある。

補償内容は、はじめて「がん(悪性新生物)」と診断確定されたら
一時金100万円  ※上皮内新生物の場合は10万円

上皮内新生物とはまだ上皮細胞と間質細胞(組織)を境界する膜(基底膜)を破って浸潤(しんじゅん)していない腫瘍(がん)をさします。

噛み砕いて説明すると、ガンになれないガンです。

転移などの危険性はありません。

そのため、通常手術で切除すれば問題なく完治します。

ですから、危険性が非常に少ないのでガン保険の中には支払がされないものがあるのです。

ですが、アフラックのガン保険ではその場合でも10万円支払われますので、切除費用の心配もしなくてすみます。

がん治療を目的とした入院は1日目から無制限に保障し、入院・通院はともに日額1万円の保障となっております。

さらにがんと診断された時から、治療方針が決まるまでをサポートする「プレミアサポート」をご利用いただけます。

プレミアムサポートでは電話での相談をはじめ、専門医に診てもらう
制度もあるので、金銭面以外の不安もなくすみます。

さらに<特約MAX21>をプラスして「病気・ケガ」にも備えられます。

がん以外の病気・ケガの入院・手術を保障し、入院は1日目(日帰り)から、1回の入院は最高124日まで、通算1,095日まで保障

これは、医療保険としてだけ見たとしても手厚い補償に入ります。

アフラックのガン保険が優れているわけ。

皆さんはアフラックという保険会社を知っていますか?

アヒルが出てくるCMなので一度は目にしたことがあるかと思います。

今日はアヒルの話ではなくて、ガン保険の話になります。

アフラックはもともと、ガン保険専門の保険会社でした。

そのせいもあって、未だアフラックのガン保険は掛け金が安く、保障が手厚いので人気が高いのです。

でもなぜ、アフラックはガン保険専門の会社だったのでしょうか?

こんなにもガン保険に力を入れているのでしょうか?

その訳は、実はアフラック創設まで話が戻るのですが・・・。

アフラック創設者は3人兄弟の男たちでした。

ある日、父親がガンに倒れてしまい、3人は看病と、治療費の工面に長い間苦労したのです。

父親は残念ながら亡くなってしまいましたが、3人は自分たちのようにガンで大変な思いをしてほしくないという気持ちで、アフラックを設立したのだそうです。

その、ガンに苦しむ人を助けたいという一心な気持のため、今なお質のいいガン保険を提供し続けているのです。

アフラックはガンになった人でも入れるガン保険がある。

一度ガンになった人は普通、ガン保険に入れませんよね。

でも、その常識を覆す保険がアフラックにはあるのです。

その名も「やさしいガン保険」です。

具体的に内容を調べてみると、<がん>の治療(経過観察のための定期的な検査は除きます)を受けた最後の日から、10年以上経過している方で、満50歳から80歳までの方であれば・・・・。

医師の審査なく、給付回数の制限もなく保険へ加入することができるのです。

また、終身保険なので70歳になったから契約満了だとか、更新で掛け金が上がるということもありません。

しかも、掛け金は50歳男女で4016円。

掛け捨てでないので解約返戻金も戻るのです。

一度、ガンにかかった人を受け入れる保険もなかなか探すのが難しいですが、その上に保障がしっかりしているので、アフラックは良心的な企業といえるのではないでしょうか。

アフラックのガン保険の特徴

ガン保険大事ですよね。

でも、ガンて手術をしてガンを克服しても、すぐに元の生活へ復帰できるわけではないんです。

そういうガンを克服した後のケアをしてくれる保険がアフラックのガン保険フォルテなんです。

とっても良くできている保険で、初めてガンと診断された際の一時金100万円を始め、生存している場合に2年目から5年目まで50万円の年金を受け取ることができるのです。

一見、手厚いように見える保険の中には、入院を伴わないと保険が出ない場合などのありますが、アフラックのガン保険フォルテでは入院を伴わない、放射能治療や抗がん剤治療などの治療にも給付金の支払いがあります。

また、一番手厚いコースでも30代男性でも3600円程度というとても安い掛け金が設定されているのでとても負担が少ないです。

わりと良心的な設計になっていますこの機会に、検討されてみてはいかがでしょうか?

アフラックでガンに備えよう!

皆さん、ガン保険入っていますか?

私は入っています。入っているところはもちろん
アフラックです。

私が、アフラックを選んだ理由は、もちろん掛け金が安いことです。

正直言って、私の家はガン家系でも何でもありません。

でも、テレビのドキュメンタリー番組などで、ガンの闘病生活の壮絶さを見ると、何か備えなきゃいけないと入ったのがアフラックのガン保険なんですね。

正直言って、自分がなるかどうかわからないものに保険を掛けるなんて、辞めようかなと思う日もたまにあるのです。

しかし、保険がないのは怖い。

そこで掛け金の話になるのです。

今の保険は掛け金が安いので、あまり苦痛に思えないのがいいところです。

やっぱり無理に掛け金を払っていては、続くものも続きません。

継続は力なりで保険を続けて、もしもの際に備えたいと思っています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。